◆このブログについてのご意見・ご感想・ご質問等は以下アドレスへメール下さい。 webmaster.travisjapan@gmail.com

◆動画等のコンテンツのダウンロードはご自身の責任で行ってください。

◆皆さんの書き込みをお待ちしています。
Driftwood BBS
Travis Q&A Board

◆あなたの清き一票を!
Travisの魅力とは?
Your Most Favorite Artist
Your Favorite Wedding Songs
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • Franの初ソロアルバム、「Wreckorder」が10/5にUSリリース!
    babystar (07/28)
  • 初のBootleg Albumがリリース!(1/19追記)
    (01/17)
  • 初のBootleg Albumがリリース!(1/19追記)
    HOME (01/17)
  • SPIN Magazine:Travis' Fran Healy Unplugged!
    emi (11/08)
  • Fran & Andy: US & Canada Tour
    nory@webmaster (11/04)
  • Fran & Andy: US & Canada Tour
    taka (11/02)
  • 【Bearsville and New York Photos】 〜 Travisonline Blogより・1
    H.H (08/27)
  • 【Bearsville and New York Photos】 〜 Travisonline Blogより・1
    blomma (08/26)
  • Walking In The SunがSUBARU レガシィのCM曲としてOn Air中!!!
    mie (06/12)
  • Walking In The SunがSUBARU レガシィのCM曲としてOn Air中!!!
    マッスル (06/08)
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
-| スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
Travis A to Z : M| Kelly Macdonald (ケリー・マクドナルド)
Dougie & KellyBassのDougieのワイフは、素敵なイギリスの女優さんです。
1976年にScotlandで生まれた彼女は、女優になる夢を持ってGlasgowでウェイトレスとして働き、その時Trainspottingのオーディションを受けて見事ユアンの相手役という大役に抜擢され、当時は期待の新人として大きく扱われていました。
Dougieとのお付き合いは2000年頃からのようですが、実は育った場所は同じ地区で、以前にもあったことがあるとのこと。2003年にはScotlandのLachlan城で結婚式を行っています。

Kelly & Dougie最近は話題作への出演も続いており、コーエン兄弟最新作の「ノー・カントリー」はアカデミー賞作品賞を受賞、彼女自身も英国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。
また2008年3月9日には、2人にとって初めての子供Freddie Peter Payneが誕生。今後の活動をどうするかはまだ決めておらず、しばらくは育児に専念するつもりのようです。

IMDb:Kelly Macdonald
About Kelly Macdonald
↑とっても充実しているファンサイトです。Dougie&Kellyの写真もいっぱい。

王冠22005年エミー賞 助演女優賞(TV映画/ミニシリーズ)受賞作品
ある日、ダウニング街で (2005) | Official Site
※WOWOWにて5月13日(火)午後0:10〜再放送決定

ノー・カントリー(2008) | Official Site
※2008年3月15日から公開
王冠2008年アカデミー賞 作品賞・監督賞・脚色賞・助演男優賞受賞
王冠2008年英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート

日本で公開された出演作
read more ▼
| Travis A to Z : M | comments(0) | trackbacks(4) | nory |
Travis A to Z : M| Sir Paul McCartney
Apocalypse TubeThe Beatlesの一員として、そして解散してからも常に音楽業界の中心人物であり、素晴らしいメロディーメイカーであるPaul McCartnyは全てのArtistの憧れの存在です。
Travisのメンバーももちろん大ファン。ミレニアムを祝う2000年1月1日にイギリスで放送された「Apocalypse Tube」という番組でFranはMcCartnyと「Let's Have A Party」という曲で競演を果たしました。

dotmusic news:Macca stood up by Robbie

この時のことは、後にInterviewで以下のように語っています。
Fran ポール・マッカートニーと同じステージで演奏した時の話をしたことあったっけ?

Dougie ないよ。

Fran ダギーのことちょっと想像してみて。ボクだって誰だってビートルズは好きでしょ? ダギーは・・・ビートルズのマニアなんだよ。

Dougie ちょっとだけ入れ込んでるだけさ。

Fran マッカートニーが「この曲を一緒にやってみない?」って誘ってくれて。ボクは「OK じゃーやりましょう」って。彼が「ここの節を歌って」とか いろいろ打ち合わせてる時に部屋の中で何か気配を感じてさ。そしたらダギーがその部屋の隅に立っていて。「Tube(チューブ)」って番組だったんだけど。「Apocalypse Tube」って。2000年の新年の音楽番組で部屋にはたくさんの人がいたんだ。でもダギーはこんな風に立ちすくんでるんだよ。(Franがむっとして仁王立ちの格好をしてみせる)

Dougie あの時だけ初めて フラニーが羨ましいと思ったんだ。

Fran マッカートニーはこう・・・「じゃあキミがここの節をやってから 自分がここをやってキミがこの節をやる」とか言って ボクはそこに腰掛けて。それまで2時間ぐらいみんなグリーンルームにいてそこでボクは「 I've never kissed a bear, I've never Kissed a goon, I can shake a chicken in the middle of the room, Let's have a party」って何度も何度もね。出番が来て みんなさあ行くぞって感じで 彼らはさ… 何ていうか…。ボクは誰とプレイしても いつも実力が足りないって感じがしてさ。自分のバンドでプレイしてたら みんないつも同じ動きをするけど、この人たちは50年間もやってきたわけでしょ。ボクはまるでものスゴク早く動くものに 飛び乗ってるかのように感じてさ。突然バーン! って来て「Oh God どうしよう」って。それで自分の番が来たんだ。マッカートニーがマイクに近寄るんだよ。それででボクもマイクに近寄って、ボクがこんな感じで―。彼が歌いだして、ボクも歌いだしたら彼が止めて、ボクも止めると、もう一辺に頭の中が真っ白になっちゃって。「あばばば… だばあだばあ」ってやりだしちゃってさ。みんなが「あいつ何言ってんだ?」って感じになっちゃって。ボクは「忘れちゃった」って。でもしようがないから笑顔で通したよ。気が付いたら終わっててさ。そんな感じ。でもすごくクールだったよ。

TRAVIS Q+A Sessionsより
Fran & Paulまた、優れたソングライターに贈られる賞である、The Ivor Novello AwardsのBest Contemporary Song (Why Does It Always Rain On Me?)とSongwriter Of The Year (Fran Healy)を1999年に受賞した際には、McCartnyからトロフィーを受け取っています。

The Ivor Novello Awards 1999

最近ではMcCartnyの最新AlbumのプロデュースをNigel Godrich(The Man Who、The Invisible Band)が務めたこともあり、益々接点が増えている模様です。

Exclusive - Paul McCartney teams up with Radiohead man
AOL Music:Chaos and Creation in the Back Yard
↑New Single「Fine Line」がフルサイズで視聴できます。
| Travis A to Z : M | comments(2) | trackbacks(0) | nory |
| 1/1PAGES |