◆このブログについてのご意見・ご感想・ご質問等は以下アドレスへメール下さい。 webmaster.travisjapan@gmail.com

◆動画等のコンテンツのダウンロードはご自身の責任で行ってください。

◆皆さんの書き込みをお待ちしています。
Driftwood BBS
Travis Q&A Board

◆あなたの清き一票を!
Travisの魅力とは?
Your Most Favorite Artist
Your Favorite Wedding Songs
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
  • Franの初ソロアルバム、「Wreckorder」が10/5にUSリリース!
    babystar (07/28)
  • 初のBootleg Albumがリリース!(1/19追記)
    (01/17)
  • 初のBootleg Albumがリリース!(1/19追記)
    HOME (01/17)
  • SPIN Magazine:Travis' Fran Healy Unplugged!
    emi (11/08)
  • Fran & Andy: US & Canada Tour
    nory@webmaster (11/04)
  • Fran & Andy: US & Canada Tour
    taka (11/02)
  • 【Bearsville and New York Photos】 〜 Travisonline Blogより・1
    H.H (08/27)
  • 【Bearsville and New York Photos】 〜 Travisonline Blogより・1
    blomma (08/26)
  • Walking In The SunがSUBARU レガシィのCM曲としてOn Air中!!!
    mie (06/12)
  • Walking In The SunがSUBARU レガシィのCM曲としてOn Air中!!!
    マッスル (06/08)
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
-| スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
Cover & Covered| I kissed A Girl
◆収録なし
◆Live at Thursday, September 18, 2008 Bar Mono, Oslo, NO



ノルウェーのオスロで9/18に行われたFranとAndyのシークレットGIGで、新しいカヴァー曲が披露されました。この曲は今やアメリカのティーンの新たなカリスマである、Katy Perryのヒット曲です。
この人について私はあまり知らなかったのですが、ちょうどTravisのインタビューを読むために購入したSNOOZER 10月号にインタビューがありました。Queenにあこがれ音楽の道を志したというKatyは自ら作詞作曲しており、ただのアイドルではありません。
現在行われているUK Tourでも、アンコールでFran & Andyによって演奏されています。

Barks:トラヴィス、新作、ケイティ・ペリーについて語る
↑こんなFranのInterviewがありました。

Katy Perry ケイティ・ペリー Official Site(JPN)
10/22(水)にショーケース・ライヴ(完全招待制)で初来日予定とのことです!

◆原曲収録Album
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| Lola
◆収録
Single "Something Anything 7" Vinyl"

イギリス4大バンドの1つであるThe Kinksですが、The Beatles、The Rolling Stones、The Whoに比べると日本では熱狂的ファンが少なく、現代の若者への浸透も今ひとつですが、沢山の名曲を抱える偉大なバンドであることには変わりありません。
Travisはその彼らの代表曲の一つである、Lolaを2008年のUKツアーで初めて披露しました。
6th AlbumからのSingleには、Liveバージョンではなく、スタジオ録音バージョンを収録しています。

Junction, Cambridge, UK 2008.2.6のLiveバージョンはこちらをご覧下さい。
 Falling Downの続きで演奏しています。
 観客も一緒に大合唱! UKではとても有名な曲なのです!


◆原曲収録Album
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| Sing / Glen Campbell
カントリー界の大御所、Glen Campbellが彼の好きな曲を集めたカヴァーアルバムをリリースしました。
Travisは彼の代表曲である、Wichita Linemanをライブで披露していますが、今度は彼がTravisの代表曲である「Sing」をカヴァーしたのです!
アルバムの1曲目に収録されており彼のサイトでも聴く事ができるなど、このアルバムの目玉のようです。他にはJackson Browneの「These Days」やGreen Dayの「Good Riddance (Time Of Your Life)」など。なかなか素敵な選曲です。
ラッキーなことに、iTunes Storeで1曲のみでの購入も可能ですし、太っ腹なことに、KCRWのToday's Top Tuneにピックアップされ、Podcastとして無料でダウンロードも可能です。是非お聴き下さい。

Glen Campbell Official Site
iTunes Store - Meet Glen Campbell - Sing

KCRW Today's Top Tune
iTunes Podcast - KCRW Today's Top Tune
↑いつまでダウンロードできるか分かりませんのでお早めに!
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| カバーされた曲一覧
Driftwood / Aselin Debison
Our Kid Eh / Shirehorses (替え歌)
Sing / Jackie 'O'
Sing / Glen Campbell
Why Does It Always Rain On Me ? / Green Day

A Is For Album / Susie Hug
Reason, The Unbelievers収録

Huggets Vol.2 / Susie Hug
Under The Moon Light(Demo)、Under The Moon Light(Japanese Version)収録
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| カバー曲一覧
After Mark & Lard Go(替え歌)
All The Young Dudes
Another Sleep Song
Baby One More Time
Back in Black
Be My Baby
Dancing Queen / Fran Healy & David Ford
Don't Be Shy
Everyday Is Like Sunday
Faith
Give Me Some Truth
Here Comes The Sun
Heroes / Travis with Remy Zero
Is That Love?
Killer Queen
Last Christmas
Let's Have a Party / Fran Healy & Paul McCartney
Lovely Rita
Merry Xmas Everybody
Nobody Does It Better
Pulling Mussels (From A Shell)
River
Rocket Man
Space Oddity
Stayin' Alive
Suspicious Minds
Up The Junction
The Urge For Going
The Weight
When You Were Young / Fran Healy
Wichita Lineman / Travis with Jason Falkner
You're A Big Girl Now
You've Got To Hide Your Love Away
| Cover & Covered | comments(2) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| Huggets Vol.2 / Susie Hug
Susie HugReason, Unbelivers, Under The Moonlightの作者であり、古くからFranの友人であるSusie HugのNew Albumが発表されています。
注目は、Under The Moonlightのセルフカバーと、噂の日本語バージョンが収録されていることです! CDの販売委託先である、CD BabyやMySpaceで視聴可能ですので是非聞いてみてください。また日本ではiTS Japanからの購入が便利です。

CD Baby: SUSIE HUG: Huggets Vol. 2
MySpace.com - Susie Hug
iTS Japan :SUSIE HUG: Huggets Vol. 2

A Is For Album / Susie Hug
↑Reasonはこちらに収録されています。
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| You've Got To Hide Your Love Away
◆収録なし
Live at Music Of The Millennium November 1999

ミレニアムを祝うイギリスのTV番組の中で、TravisはThe Beatlesのカヴァーを披露しました。
初期の頃の作品ですが、どこか素朴なCountry風で、Albumの中でも珍しい1曲となっています。そこがTravis、Franの声の持ち味に似合っていてとてもうまい選曲です。Travisographyで聴くことができます。

travis.ography
The Beatles Official Site

◆原曲収録Album

The Beatles
(1990-10-17)
コメント:You've Got To Hide Your Love Away
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| You're A Big Girl Now
◆収録
Single "Side CD2"

ビートルズにドラッグを教えた男、吟遊詩人、Folkの神様…。Bob Dylanは60年代のデビューから現在に至るまで多くのミュージシャンに影響を与え、リスペクトされている数少ない存在です。数年前には「Dylan死亡説」が流れて、世界中のファンが大騒ぎを起こしたこともありました。
彼の独特の歌い方こそが最大の持ち味ですが、それを変に真似ることなく大切にFranが歌っていて、渋いコピーとなっています。

Bob Dylan Official Site

◆原曲収録Album
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| Wichita Lineman / Travis with Jason Falkner
◆収録なし
Live at Le Grand Rex, Paris, FR 7th Feb 2002

Travisは元ジェリーフィッシュで現在はソロで活動するJason Falknerを前座に迎えた2002のヨーロッパツアー中に、この曲のカヴァーを一緒に披露しています。Franによると、Jasonは"アメリカ版Dougie"とのこと。格好良くていい奴という意味だそうです・笑。

Glen Campbellは一時期The Beach Boysにも参加していたミュージシャンです。この曲は彼の代表的な曲ですので、聴いたことがある人も多いと思います。彼はジャンルとしてカントリーに分けられているのですが、その枠を超えた良い曲を沢山歌っています。Travisographyで聴くことができます。

travis.ography
Glen Campbell Official Site
Jason Falkner Official Site

◆原曲収録Album
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
Cover & Covered| Why Does It Always Rain On Me ? / Green Day
どういった経緯で、どこで収録されたものか詳しい情報がないのですが、2001年にGreen DayのOfficialサイトでオーディオ・メッセージとして、Travisの雨降りの歌のカヴァーが公開されていました。Green DayとTravisの接点といえば、2001年のGig On The Green。トリのTravisの一つ前のアクトがGreen Dayでした。
現在、以下のファンサイトで当時の音源をダウンロードすることができます。パンク調のGreen Dayらしいカヴァーです。

The Green Day Authority
Green Day Official Site
| Cover & Covered | comments(0) | trackbacks(0) | nory |
| 1/5PAGES | >>